妊娠中は飲み物にも気を配ろう

「妊娠中は飲み物にも気を配ろう」

 

妊娠中に、コーヒーやお茶などに含まれるカフェインを摂取しない方がいいことは、ご存知の方も多いでしょう。これは、母体を通じて、カフェインが胎児の体に入ってしまうためなのです。

 

小さな胎児は、自分の体内でカフェインを分解することができません。そのために、長時間カフェインの影響にさらされてしまいます。

 

妊婦さんが、カフェインを摂りすぎると、赤ちゃんが低体重で生まれるリスクが高まると言われているので、妊娠中の飲み物には十分に気を配りましょう。妊婦さんにおすすめの、カフェインが少ない飲み物には、次のようなものがあります。

 

 

【麦茶】
家で手軽に作れて、経済的な飲み物が麦茶です。ミネラル分も豊富で、普段の水分補給におすすめの飲み物です。

 

【ルイボスティー】
鉄分やカルシウムなどを多く含んでいるので、妊娠中に必要な栄養素を摂取できます。

 

【たんぽぽ茶】
たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、血流を促す効果があります。妊娠中だけでなく、授乳期間中にも飲んでいる人が多いようです。母乳の出がよくなるようなので、妊娠中から継続して飲むとよいと思います。

 

「妊娠中の栄養管理」
つわりもなくなり、何でもおいしく食べられるようになる妊娠中期から、胎児の成長はいっそう進みます。食べるものには十分に気をつけて、必要な栄養をしっかりと摂れるように、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

妊娠中は、鉄分やカルシウムが胎児に優先的に送られるため、どうしても貧血になったり、歯や骨がもろくなったりします。このような栄養素は、普段の食事からしっかりと摂取して、健康管理をしましょう。忘れてはいけないのが葉酸です。

 

妊娠初期に引き続き、中期以降も必要な栄養素なので、食事とサプリ両方で意識的に摂取するように心がけましょう。

関連ページ

授乳期間中におすすめの食品と栄養
授乳期間中におすすめの食品と栄養についてご紹介します。授乳期間中は栄養が不足しがちになるので正しく栄養補給をして行きましょう。
授乳期間中は水分が必要?
授乳期間中は水分が必要です。しっかりと水分補給をしましょう。水分が必要な理由を明確に記載しています。参考にしてください。
妊娠中期・後期におすすめの食品と栄養
妊娠中期・後期におすすめの食品と栄養を教えます。妊娠中期・後期になるとこの時期に必要な栄養分が変わってきます。詳しく記載しています。